美白研究所では、美白について様々な情報を紹介しています。今や、空前の美白ブーム。美白化粧品はよりどりみどり。ですが、実際に美白化粧品を使ってみると、気休めだと思ったり、私には合わないのでは?と悩むこともしばしばです。 実際は、美白成分が何をしているのか、よく知らないという女性がほとんどだと思います。 当サイトでは、「美白化粧品」を効果的に使いたい女性のために、美白についての情報をどんどんアップしていきます。

美白研究所

美白成分

プラセンタエキス

更新日:

「プラセンタ」は胎盤のことですが、化粧品などに含まれているプラセンタは、胎盤からグロースファクター(細胞成長因子)や他の栄養分を取り出したものです。
これはプラセンタエキスなどと呼ばれます。

プラセンタエキスには、アミノ酸、タンパク質、糖質、ビタミン、核酸、活性ペプチド、脂質・脂肪酸、ムコ多糖体、ミネラル、酵素などの栄養が含まれています。

また、細胞の分裂を適切にコントロールする成分、「成長因子」(グロース・ファクター) あるいは 「細胞増殖因子」が含まれています。

この成長因子は自然界では胎盤にしか含まれていません。

赤ちゃんをお腹のなかで高速で正確に細胞分裂させるためのものです。

お肌に関係するグロースファクターとして、プラセンタに含まれているのは、繊維芽細胞増殖因子、上皮細胞成長因子です。

繊維芽細胞増殖因子は、FGFと呼ばれることが多いですが、真皮にあるコラーゲンを作り出す線維芽細胞にはたらきかけ、成長や増殖を促進させまます。

上皮細胞成長因子は、一般的にEGFと呼ばれ、上皮(皮膚・粘膜など)の細胞の増殖を調節する重要な役割があります。

美白作用については、チロシナーゼの活性化を阻害する作用があります。

また、プラセンタエキスには、エネルギー代謝を高めたり、新陳代謝を促したり、保湿といったような、美容作用があります。

このため、ターンオーバーを促し、メラニン色素を排出するため、今あるシミも押し出し排出するという働きがあります。

 

ここがポイント!

  • チロシナーゼの活性化を阻害
  • さらに、ターンオーバーを促し、メラニン色素を排出ため「予防美白と代謝美白」2つの働きがある

 

美白研究所 おすすめ プラセンタエキス配合化粧品




マキアレイベル クリアエステヴェール

美白成分として「プラセンタ」を配合したファンデーション。日中、UVカットもしながら、同時に美白もできる便利なアイテム。

色がキレイでナチュラルな仕上がり。とても優秀なファンデーションです。

SPF35・PA+++
エバンジェリスト
エバンジェリストBBクリーム

徹底的にスキンケアにこだわったBBクリーム。カバー力が高いのにナチュラルに仕上がります。

メイクしながら、一日中プラセンタが肌にうるおいを与えます。

SPF31・PA++

hoshiプラセンタエキス配合の化粧品一覧はこちら

-美白成分

Copyright© 美白研究所 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.