美白研究所では、美白について様々な情報を紹介しています。今や、空前の美白ブーム。美白化粧品はよりどりみどり。ですが、実際に美白化粧品を使ってみると、気休めだと思ったり、私には合わないのでは?と悩むこともしばしばです。 実際は、美白成分が何をしているのか、よく知らないという女性がほとんどだと思います。 当サイトでは、「美白化粧品」を効果的に使いたい女性のために、美白についての情報をどんどんアップしていきます。

美白研究所

美白成分

m-トラネキサム酸

更新日:

トラネキサム酸は、医薬品の抗炎症剤として知られる成分です。

化学名は、trans-4-アミノメチルシクロヘキサン酸。

m-トラネキサム酸は、肝斑の治療にとても効果的な内服のトラネキサム酸を外用にしたもの。資生堂が開発した美白成分です。

m-トラネキサム酸の「m」はメラニンの生成を抑える効果を表しています。

紫外線を浴びると、表皮にあるメラノサイトで、黒くなるメラニン色素の生成が増加して、黒色のメラニン色素を過剰に蓄えた基底細胞は黒化基底細胞となります。

この部分がシミです。

これまでは、黒化基底細胞になると、細胞分裂が活性化して、ターンオーバーを遅らせているということがわかっていました。

ですが、研究の結果、シミの周りの黒くなっていない部分は、ターンオーバーが速くなっていることがわかりました。

シミの周りの黒化していない基底細胞は過度の細胞分裂をして、過剰増殖した細胞が刺激細胞となります。

刺激細胞がメラノサイトを刺激し、メラニンを増やし続けるという悪循環となり、シミの原因になっています。

m-トラネキサム酸は、この、刺激細胞から放出される刺激因子を抑えるという効果があります。

 

ここがポイント!

  • 表示は、rans-4-アミノメチルシクロヘキサン酸
  • 資生堂が開発した成分
  • シミ部位の慢性微弱炎症状態に作用し、メラノサイトの活性化を抑制
  • メラニンの生成を抑えるので「予防美白」

美白研究所 おすすめ m-トラネキサム酸配合化粧品


資生堂 HAKU メラノフォーカス CR 20g
メラニンの生成を抑える(m-トラネキサム酸)のと、出来たメラニンをスムーズに排出する(4MSK)薬用美容液。美白有効成分4MSKは、実用化されるまで、13年の歳月を要したといいます。まさに、資生堂の美白成分開発の努力の結晶といえる商品。

hoshim-トラネキサム酸配合の化粧品一覧はこちら

-美白成分

Copyright© 美白研究所 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.