美白研究所では、美白について様々な情報を紹介しています。今や、空前の美白ブーム。美白化粧品はよりどりみどり。ですが、実際に美白化粧品を使ってみると、気休めだと思ったり、私には合わないのでは?と悩むこともしばしばです。 実際は、美白成分が何をしているのか、よく知らないという女性がほとんどだと思います。 当サイトでは、「美白化粧品」を効果的に使いたい女性のために、美白についての情報をどんどんアップしていきます。

美白研究所

美白成分

カモミラET

更新日:

カモミラETは、花王が開発した美白成分。

カミツレの葉から抽出した成分です。

カミツレというのは、英語名はカモミールといいます。

カモミールという名前は、ハーブとして有名なので聞いたことがある人が多いと思います。

このカモミールの葉から抽出した美白成分カモミラETは、他の美白成分とは少し違った働きをします。

チロシンとチロシナーゼが結合しメラニン色素を作りますが、殆どの美白成分が、このチロシナーゼの活性化を抑える働きをします。

ですが、このカモミラETは、メラノサイトという、メラニンを作る工場に、「メラニンを作れ」という指令を出さないようにする働きがあります。

この指令(情報伝達)をエンドセリンといいます。

肌が紫外線を浴びると、ダメージを記憶して、その後一定の間、紫外線を浴びなくても、このエンドセリンが増えます。

シミの周りの表皮細胞には、エンドセリンが分泌され、そのため、シミがあるとさらに濃くなったり、新しくできたりという状況になっているんだそうです。

花王は、コレを、「『紫外線の記憶』をなかったことにできるただひとつの美白成分」と表現しています。

 

ここがポイント!

  • 花王が開発
  • ほとんどの美白成分がチロシナーゼの活性化を抑制するのに対し、カモミラETは、それより前、メラニンを作る工場に対しメラニンを作る指令を出させないよう働く
  • 結果的にはメラニンの生成を抑えるので「予防美白」

 

美白研究所 おすすめ カモミラET配合化粧品


ソフィーナ ボーテ 美白美容乳液
くすみ感とお肌の弾力が気になってきた30代~40代の女性向け。美白成分カモミラETのほか、透明感モイスチャリング成分&セラミドケア成分配合。

カモミラET配合の化粧品一覧はこちら

-美白成分

Copyright© 美白研究所 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.