美白研究所では、美白について様々な情報を紹介しています。今や、空前の美白ブーム。美白化粧品はよりどりみどり。ですが、実際に美白化粧品を使ってみると、気休めだと思ったり、私には合わないのでは?と悩むこともしばしばです。 実際は、美白成分が何をしているのか、よく知らないという女性がほとんどだと思います。 当サイトでは、「美白化粧品」を効果的に使いたい女性のために、美白についての情報をどんどんアップしていきます。

美白成分の種類

  • HOME »
  • 美白成分の種類

医薬部外品として承認を受けた美白成分は

アルブチン・・・・βアルブチンは資生堂が開発、αアルブチンは江崎グリコが開発・チロシナーゼに作用
エラグ酸・・・ライオンが開発・チロシナーゼの活性化を抑える
コウジ酸・・・三省製薬が開発・チロシナーゼの活性化を抑制
ルシノール・・・ポーラが開発・チロシナーゼの活性化を抑制
カモミラET・・・花王が開発・エンドセリン情報伝達阻害
リノール酸S(リノレックS)・・・サンスターが開発・チロシナーゼを分解して量を減らすと
m-トラネキサム酸・・・資生堂が開発・シミの周りの刺激細胞を抑え、メラニン生成を抑制
ビタミンC誘導体・ビタミンCをお肌に浸透しやすくしたもの・還元作用
エナジーシグナルAMP・・・ 大塚製薬が開発
マグノリグナン・・・カネボウが開発・チロシナーゼ成熟阻害
プラセンタエキス・・・胎盤から栄養素や成長因子を取り出したもの・チロシナーゼの活性化を抑制・メラニン排出
4MSK・・・資生堂が開発・メラニン排出
D-メラノ・・・マックスファクターが開発・メラニンを表皮細胞へ受け渡しを阻害

その他の美白成分

・ハイドロキノン・・・アメリカでは一般的な美白成分・還元作用
・油溶性甘草エキス(グラブリジン)・・・漢方薬として使われてきた甘草の根からとれたエキス・チロシナーゼの活性化を抑制

その他の美白成分について詳しくはこちらです

PAGETOP
Copyright © 美白研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.