美白研究所では、美白について様々な情報を紹介しています。今や、空前の美白ブーム。美白化粧品はよりどりみどり。ですが、実際に美白化粧品を使ってみると、気休めだと思ったり、私には合わないのでは?と悩むこともしばしばです。 実際は、美白成分が何をしているのか、よく知らないという女性がほとんどだと思います。 当サイトでは、「美白化粧品」を効果的に使いたい女性のために、美白についての情報をどんどんアップしていきます。

美白化粧品ランキング

  • HOME »
  • 美白化粧品ランキング

人気の美白化粧品トップ5を紹介します。

通販で、「シミが消えた」「翌日には顔が明るくなった」などの口コミで、売れまくっている化粧品です。

それぞれ、試しやすいお値段で、トライアルセットも用意されています。

第1位 ビーグレンのホワイトプログラム


0237_125x125

ビーグレン ホワイトプログラム

ビタミンCは、そのままお肌に浸透させられると美白効果が高いものです。

ですが、安定しなかったり皮膚に刺激があったりするので、ビタミンC誘導体にして、お肌になじむようにしています。

ビーグレンのビタミンCは、そのままのビタミンCです。

独自のナノ技術「キューソーム」に閉じ込めることで、夢が実現しました。

そのままだと浸透しにくいといわれる ハイドロキノンもこの浸透技術によって、しっかりと肌の奥に届けます。

効果と即効性の高い化粧品です。

⇒ビーグレンの使用感想についてはこちら

第2位 資生堂HAKU メラノフォーカスCR

資生堂 HAKU メラノフォーカス CR

メラニンの生成を抑える(m-トラネキサム酸)のと、出来たメラニンをスムーズに排出する(4MSK)薬用美容液。

m-トラネキサム酸に4MSKを組み合わせることで、効かせたい肌の奥まで浸透。

いくつもの美白成分を開発、厚生労働省の認可を得て来た資生堂の研究の成果とも言える化粧品です。

一般に知られているシミの原因の解明を一歩進めた研究に説得力があります。

納得して使うならこの一品です。

第3位デルメッド

三省製薬株式会社 DERMED

デルメッド

デルメッド独自の成分、ピュールブラン(ブドウ糖結合型ビタミンC、リキリチン、桑黄抽出液から成る美白複合成分)が、シミのもとメラニンをつくるメラノサイトに直接作用し、メラニンがつくられる3つの過程に先回りしてメラニンの生成をブロックします。

リキリチンは、甘草フラボノイドから特に美白に効果の高い成分を取り出した成分。桑黄抽出液は、抗酸化作用とメラニン生成抑制が高い成分です。

3重でブロックするため、より強力にメラニン色素が作られるのを防ぎます。

第4位 アンプルール



アンプルール

誰もが気になる肌全体のくすみと、ポイントで発生している気になる濃いシミ、どちらも気になって、どの美白化粧品を使うかという悩みを解消。

くすみとシミ両方をケアします。

美白化粧品をライン使いしたい方はこちらがおすすめ。

第5位 ポーラ ホワイトショット



ポーラ ホワイトショット

歳を重ねるごとにくすむ肌にアプローチする美容液。

「黒ずみ」と「黄ばみ」の二方向から美白します。

ルシノールのほか、ビタミンC誘導体、保湿成分マジョラムエキス、ショウキョウエキスをあわせた複合成分、ルシノールCX配合。

ポーラオリジナルの2つのナノカプセルで、成分を確実に肌の奥に届けます。

PAGETOP
Copyright © 美白研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.