◇イチョウ葉エキス
メラニンの生成を抑える

◇エイジツエキス
野生のバラ科の植物のノイバラ等から取られるエキスで、フラボノイドを含んでいます。
フラボノイド類には、ヒドロキシルラジカルという活性酸素をを除去する抗酸化作用があります。
ヒドロキシルラジカルは、活性酸素の中でも最も反応性が高く、酸化力が強いものです。
炎症を沈める作用があるのですが、同時にメラニン色素を過剰生成させる作用もあるので、色素沈着を引き起こします。

◇オウゴン
シソ科の植物コガネバナの根から取れるエキス。
チロシナーゼ活性阻害します。

◇ラズベリーケトングルコシド
ラズベリーの果実から抽出したエキス。
一酸化窒素がメラノサイトを刺激してメラニンを生成しますが、この一酸化窒素の活性化を抑制する成分。

◇カッコン
マメ科のつる性多年草クズの乾燥した根から抽出されるエキス。
チロシナーゼの活性阻害作用があります。

◇カンゾウ
マメ科植物カンゾウ(甘草)またはその同属植物の根、茎から得られるエキス。
強力なメラニン生成抑制作用

◇クララエキス
マメ科の植物、クララの根から取れるエキス。
漢方ではクジンとも呼ばれ、ニキビや肌荒れを防ぐ効果があるとされる。
メラニン合成を抑止する効果があります。

◇ゲットウ
メラニン生成の情報伝達物質を抑制させる。

◇シャクヤクエキス
チロシナーゼ活性阻害作用がある。

◇ソウハクヒ
フラボノイドが含まれ、メラニン色素の生成を抑制。

◇トウキ
美白成分フタリド誘導体のリグスチリドを含んでいます。

◇ナツメ
ビタミンCなどを含んでいる。表皮角化細胞(ケラチノサイト)増殖促進作用及びターンオーバー促進作用があり、老化防止や美白効果が期待できる

◇マロニエ
サポニンの一種であるエスシンを多く含んでおり、美白作用

◇ワレモコウ
成分にタンニン、サポニンを含み、消炎作用、収れん作用、美白作用などがある

◇火棘エキス
バラ科植物、ピラカンサの果実より抽出されたエキス。
チロシナーゼの活性を抑制し、メラニン色素の生成も抑えます。

◇クジンエキス
フラボノイドを含み、メラニン色素の生成を抑制。

◇ユキノシタエキス
ユキノシタ科の多年草ユキノシタから抽出されるエキス。
有効成分にフラボノイドを含みメラニン色素の生成を抑制。

そのほか、キュウリ・オランダガラシ・サクラ・セイヨウサンザシ・ラベンダーにも、美白作用があると言われています。

美白研究所 美白化粧品ランキング