ルシノールは商標名で、化学名は、4-n-ブチルレゾルシノールといいます。

ポーラがシベリアのモミの木に含まれる成分から改良し、開発した美白成分です。

1998年に厚生労働省に認可されたので歴史ある成分といえます。

チロシナーゼがチロシンとが結びつくことでメラニンが生成されますが、両者はちょうどカギとカギ穴のような状態になっています。

ルシノールはチロシナーゼのカギ穴とピッタリあうカギを持っています。

ルシノールとチロシナーゼが合体してしまうので、チロシンとチロシナーゼが合体するのを防ぎます。

ごく微量で効果を発揮する成分で、チロシナーゼの活性化を抑制する効果はアルブチンより優れています。

 

ここがポイント!

  • ポーラが開発した成分
  • 4-n-ブチルレゾルシノールと表示されている
  • ルシノールは、チロシンの代わりにチロシナーゼと結合して、メラニンが作られるのを抑制
  • 微量で効果があり、チロシナーゼの活性化を抑制する力はアルブチンより上である

 

美白研究所 おすすめ ルシノール配合化粧品



ポーラ ホワイトショット

歳を重ねるごとにくすむ肌にアプローチする美容液。

「黒ずみ」と「黄ばみ」の二方向から美白します。

ルシノールのほか、ビタミンC誘導体、保湿成分マジョラムエキス、ショウキョウエキスをあわせた複合成分、ルシノールCX配合。

hoshiルシノール配合の化粧品一覧はこちら