リノール酸Sは、サンスターが開発した美白成分で、リノレックSと呼ばれていますが、これは、サンスターがつけた愛称です。

リノール酸S脂肪酸の一種、紅花から抽出したリノール酸由来の成分ですが、食用油のリノール酸とは別のものです。

リノール酸Sも、チロシナーゼの活性化を抑えるタイプの美白とは違う働きをします。

こちらは、チロシナーゼを分解して量を減らすと言う働きがあります。

これによりシミのもとが作られにくくなるという仕組みです。

また、さらに、リノール酸Sには出来てしまったメラニンを排出するという働きもあります。

チロシナーゼを分解してメラノサイトでメラニンを作らせないという作用と、できたメラニンを排出するというダブルの働きがあるため、リノール酸Sは、スーバー美白成分と言われます。

 

ここがポイント!

  • サンスターが開発
  • チロシナーゼを分解し、量を減らすことでシミのもとが作られにくくなる
  • さらに、出来たメラニンをスムーズに排出し、ダブルの働きがある
  • メラニンの生成を抑え、メラニンを排出するので「予防美白と代謝美白」2つの働きがある

美白研究所 おすすめ リノール酸S配合化粧品


サンスター ホワイトロジー エッセンス W
ナノトランスファーカプセル(たまねぎのように多重層のカプセル)につつまれたリノレックS配合。浸透力と持続力に優れたリノレックSが肌の奥(メラノサイトのある基底層)までしっかり届きます。

hoshiリノール酸S配合の化粧品一覧はこちら