美白研究所では、美白について様々な情報を紹介しています。今や、空前の美白ブーム。美白化粧品はよりどりみどり。ですが、実際に美白化粧品を使ってみると、気休めだと思ったり、私には合わないのでは?と悩むこともしばしばです。 実際は、美白成分が何をしているのか、よく知らないという女性がほとんどだと思います。 当サイトでは、「美白化粧品」を効果的に使いたい女性のために、美白についての情報をどんどんアップしていきます。

シミができるしくみ

  • HOME »
  • シミができるしくみ

シミができるしくみについて、もう少し詳しく説明します。

皮膚が紫外線を浴び続けると、「エンドセリン」という特定の細胞に情報を伝達する物質が作られ、放出されます。

このエンドセリンがメラノサイトに作用すると、「メラニン色素を作れ!!」という指令が出されます。

支持を受けると、メラノサイトが活性化し働き出します。

メラノサイトとは、メラニンの工場のようなものです。

メラノサイトでは、チロシナーゼという酵素が、チロシンというアミノ酸と結合していくことでメラニン色素を作ります。

できたメラニンは、周りの角化細胞に配られます。

メラノサイトは、表皮の最下層にある基底層にあります。

基底層で作られた細胞は、メラノサイトから配られたメラニンともども表面まで押し出され最後には排出されます。

お肌が正常だと、メラニン色素は他のお肌の細胞とともに排出されることになります。

では、どうしてメラニンがお肌にとどまり、「シミ」となるのでしょう?

まずひとつは、このターンオーバーが乱れて、メラニン色素をスムーズに排出できないということがあげられます。

また、紫外線を浴びると、皮膚が炎症を起こします。

そうすることで、メラノサイトのメラニン色素生成が高まって、それがしばらく持続してしまいます。

本当ですと、これは次第に落ち着くんですが、何度も繰り返し紫外線を浴びることによって、ダメージを修復できなくなり、局所的にメラノサイトが持続的にメラニンを作り続けます。

これが、シミのできるしくみです。

PAGETOP
Copyright © 美白研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.