エラグ酸は、いちごやざくろなどに含まれるポリフェノールの一種で、ライオンが開発、特許をとっています。

チロシナーゼの活性化を抑えるので予防美白の働きをするものです。

チロシナーゼというのは、銅イオンと結合して活性化する酸化酵素の一種で、動物の皮膚や昆虫の体液、植物の細胞内に存在しています。

ジャガイモやりんごなどが黒くなるのはこのせいです。

エラグ酸は、この銅イオンを奪う効果があるため、チロシナーゼが活性化しないという仕組みです。

還元作用もありますが、高濃度配合しなければ効果は出ません。

日本の規制では、濃度の高いエラグ酸配合化粧品は作れません。

なので、実質還元作用は無いということになります。

 

ここがポイント!

  • ライオンが開発した成分
  • 還元作用があるが、化粧品としての配合濃度では還元作用は期待できない
  • チロシナーゼの持つ銅イオンを奪い、チロシナーゼが活性化しないよう働く
  • メラニンの生成を抑えるので「予防美白」

 

美白研究所 おすすめ エラグ酸配合化粧品


DHC薬用エイジアホワイト エッセンス
美白ケアとエイジングケアが同時にできる美容液。美白は、アルブチンとエラグ酸のほか、美白効果のある植物エキスの中で最もメラニンの生成を抑えるオウゴンエキス配合。


ランコム アプソリュ プレシャスセル Wクリーム
肌に現れる濃く根深いシミ・くすみに柔らかく優しい感触のクリームでケアします。プロキシレン&ビタミンCG・エラグ酸・オウゴン エキス配合でハリ・弾力に満ちた輝きのある肌へと導きます。ベルベットのようにクリーミーでなめらかなテクスチャー。ジャスミンやミモザの甘く爽やかな香り。

エラグ酸配合の化粧品一覧はこちら