美白と聞くと、アルブチンを思い出す人も多いのではないでしょうか?

20年以上前に資生堂が開発し、既に特許が切れていますので、いろんなメーカーからアルブチン配合の化粧品が発売されています。

一般的に「アルブチン」と呼ばれているのは、正確にはβ-アルブチンといいます。

アルブチンというのは、コケモモや梨、ウワウルシなどの植物にも含まれている成分で、ハイドロキノンの誘導体です。

ハイドロキノンはとても強い美白作用がありますが、副作用もあるため、日本では化粧品に配合されるようになったのは2001年の規制緩和後のことです。

そのハイドロキノンをまねて開発したのが、ハイドロキノン誘導体のアルブチンです。

近年江崎グリコがスイスのペンタファーム社と共同で開発した、α-アルブチンもあります。

このα-アルブチンは、β-アルブチンにくらべチロシナーゼを阻害する力は、10倍以上ということで注目される成分です。

メラニン色素は、メラノサイトで、チロシナーゼが細胞の中にあるチロシン(アミノ酸)を元にメラニン色素を作ります。

αアルブチン・βアルブチンは、チロシナーゼに結合することでチロシナーゼがメラニンを生成するのを防ぎます。

 

ここがポイント!

  • α-アルブチンは、江崎グリコ、β-アルブチンは資生堂が開発
  • アルブチンはハイドロキノンの誘導体
  • チロシンの代わりにチロシナーゼと結合。メラニンが生成されるのを防ぐ
  • メラニンの生成を抑えるので「予防美白」

 

美白研究所 おすすめ α-アルブチン配合化粧品


チューンメーカーズ TUNEMAKERS α-アルブチン
手持ちの化粧水や美容液などに混ぜて使う美白原液。刺激がなくシンプルな成分で、かぶれなどが気になる人に人気です。肌の状態に合わせて使うことができるため、コスパが良いのも魅力です。

DHC薬用エイジアホワイト エッセンス

美白ケアとエイジングケアが同時にできる美容液。美白は、アルブチンとエラグ酸のほか、美白効果のある植物エキスの中で最もメラニンの生成を抑えるオウゴンエキス配合。

アルブチン配合の化粧品一覧はこちら