美白研究所では、美白について様々な情報を紹介しています。今や、空前の美白ブーム。美白化粧品はよりどりみどり。ですが、実際に美白化粧品を使ってみると、気休めだと思ったり、私には合わないのでは?と悩むこともしばしばです。 実際は、美白成分が何をしているのか、よく知らないという女性がほとんどだと思います。 当サイトでは、「美白化粧品」を効果的に使いたい女性のために、美白についての情報をどんどんアップしていきます。

美白研究所

ようこそ「美白研究所」へ

「美白研究所」では、「美白」について様々な情報を紹介しています。

現代の女性の間では、「肌は白いほうが良い」というのが主流です。

「シミひとつない肌」を目指して、美白化粧品を取り入れている人も多くいます。

ですが、女性の皆さんは、「美白化粧品」や、「シミになるしくみ」などについて、どの程度の知識をお持ちでしょうか。

実際に美白化粧品を使ってみると、思ったほど効果が現れないと感じることが多いです。

調べてみると、化粧品会社が謳っている「美白」と、私たちが考えている「美白」には、少しギャップがあるようです。

当サイトでは、「美白化粧品」を効果的に使うために、美白やお肌のシミくすみの基礎知識などを中心に、情報を掲載しています。

当サイトを参考に、アナタに合った美白化粧品と美白の方法を見つけてくださいね

メラニンとシミ

美白したい女性はみな、余分なメラニンがない肌を目指しています。

では、そもそも「メラニン」とは何なのでしょう?

メラニンには、細胞が紫外線によって傷つけられるのを防ぐ役割があります。

メラニンをもらった細胞は核の上に帽子をかぶるようにメラニンを乗せることで、核にある大事なDNAが紫外線で傷を追わないように守っているんです。

メラニンは、有害な紫外線を吸収したり散らしたりして皮膚に害を与えるのを食い止めています。

普通は、紫外線の量が減ると、メラニンの量も減り、肌の色も元に戻ります。

ところが、DNAが傷つくと、細胞が修復しようとして、炎症がおきます。

このとき、メラニン色素を作り出すメラノサイトも刺激されていまい、メラニンを大量に作ろうとしてしまいます。

この、メラノサイトが間違った認識でメラニン色素を作り出すのが止まらなくなってしまった状態がシミです。

シミができるしくみ

シミができるしくみについて、もう少し詳しく説明します。

皮膚が紫外線を浴び続けると、「エンドセリン」という特定の細胞に情報を伝達する物質が作られ、放出されます。

このエンドセリンがメラノサイトに作用すると、「メラニン色素を作れ!!」という指令が出されます。

支持を受けると、メラノサイトが活性化し働き出します。

メラノサイトとは、メラニンの工場のようなものです。

メラノサイトでは、チロシナーゼという酵素が、チロシンというアミノ酸と結合していくことでメラニン色素を作ります。

できたメラニンは、周りの角化細胞に配られます。

メラノサイトは、表皮の最下層にある基底層にあります。

基底層で作られた細胞は、メラノサイトから配られたメラニンともども表面まで押し出され最後には排出されます。

お肌が正常だと、メラニン色素は他のお肌の細胞とともに排出されることになります。

では、どうしてメラニンがお肌にとどまり、「シミ」となるのでしょう?

まずひとつは、このターンオーバーが乱れて、メラニン色素をスムーズに排出できないということがあげられます。

また、紫外線を浴びると、皮膚が炎症を起こします。

そうすることで、メラノサイトのメラニン色素生成が高まって、それがしばらく持続してしまいます。

本当ですと、これは次第に落ち着くんですが、何度も繰り返し紫外線を浴びることによって、ダメージを修復できなくなり、局所的にメラノサイトが持続的にメラニンを作り続けます。

これが、シミのできるしくみです。

美白とは?

美白とは「肌に余分なメラニンがない、その人の本来持っている肌に戻す」こと。

また、紫外線によってメラニン色素が生成されるのを防ぎ、シミやそばかすを防ぐことです。

美白と聞くと、もともとの肌の色が白くなると思う人も多いですが、肌の色が白くなることはありません。 黄色人種が白人のように白くなるような漂白作用は、美白化粧品にはありません。

日本における化粧品が持つ効果としては、「日焼けによってメラニンが増えるのを防ぐ」ことです。

一般的の人は、「シミを消す」というのが美白だと考えていて、美白化粧品の効能とはギャップがありますが、これは、「医薬部外品」として売られている化粧品に大きく関係があります。

化粧品として売られているということは、医薬品のように症状を治療するものではないので、表現としてはあくまで「予防」の域を出ません。

医薬部外品については、詳しく説明しているページを用意してありますので、化粧品と美白の関係を詳しく知りたい方は、こちらをご覧下さい。

美白の方法

「美白成分」は「シミ」をどのようにして防ぐのでしょうか。

まず、「シミができるしくみ」のページで説明した、メラニンを作るように指示を出すエンドセリン。

このエンドセリンが出す情報を受け取らないようにしてしまうという美白作用があります。

この情報を遮断すると、メラニン色素を作れという指示が出ないので、メラノサイトでは、メラニンを作る作業をしません。

その作用を持つのが、カモミラETです。

また、チロシナーゼという酵素が活性化し、チロシンというアミノ酸とくっつくことでメラニンが作られますが、このチロシナーゼの活性化しないように働く美白もあります。

これは、アルブチン、エラグ酸、コウジ酸、ルシノール、プラセンタです。

チロシナーゼを分解して、その量自体をへらしてしまうのが、リノール酸S。

さらに、チロシナーゼは、成熟してはじめてメラニンを作ることに関与できるようになるのですが、この成熟を食い止めるのがマグノリグナンという新しい成分です。

メラニン色素が作られると、メラノソームという袋みたいなものに入れて、それを周りの角化細胞に配ります。

このメラノソームを表皮細胞に受け渡すのを未然に防ぐのが、D-メラノです。

以上、これらの美白成分は、メラニンができるまでの間で効果を発揮するので、シミを予防しています。これを「予防美白」と言います。

メラニン排出を助けるのが、エナジーシグナルAMP、プラセンタ、4MSKです。

これらは、できてしまったメラニンを排出することで、シミのない素肌に戻るという美白方法です。これを「代謝美白」と呼びます。

美白には、もう一種類あります。

それは、今ある黒いシミを還元して、無色の状態に戻すことです。

これは、ビタミンC誘導体があてはまります。

他にも、高濃度だと還元作用のあるものもありますが、化粧品に入れられる濃度では、厚生労働省が認めた美白成分でいえば、ビタミンC誘導体だけです。

ハイドロキノンも強い還元作用があることで知られています。

これを「還元美白」と呼んでいます。

美白化粧品とは?

化粧品とは、薬事法では、「見た目を美しくする目的で皮膚に塗ったりするもので、効果が軽いもの」となっています。

なので、化粧品としての美白化粧品は、メイクアップ効果により肌を白く見せるものです。

「美白」と聞くと、肌を白くするイメージがありますが、化粧品では肌の色やシミは白くならないのでしょうか?

化粧品の中でも「医薬部外品」というものがあります。

一般的に、「薬用化粧品」と書かれています。

医薬部外品として厚生労働省から承認を受けたものは、美白成分が配合されています。

医薬部外品でいう美白成分とは、「メラニンを色素の生成を抑えることによって、シミやそばかすを防ぐ」成分です。

化粧品としての美白ファンデーションは、塗ることによりメイクアップ効果でお肌を白く見せるもの。

医薬部外品としての美白ファンデーションは、メイクアップ効果と、さらに、シミやそばかすを防ぐ効果のあるファンデーションと言えます。

医薬部外品は、化粧品と医薬品の中間に位置するもので、ある特定の効果・効能について承認されたものなのですが、その効果は、「予防」に重点がおかれています。

投稿日:

Copyright© 美白研究所 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.